ぜんそく

ぜんそく

ぜんそくってどんな病気?

ぜんそく喘息は気道が慢性的に炎症を起こすことが原因で生じる疾患です。
気道の炎症」とは分かりにくい言葉ですが、やけどをイメージするとわかりやすいかと思います。 皮膚がやけどを起こすと、跡になって皮膚が硬くなることがありますね。これが気道に起こるのです。そうすると炎症が続くことで気道の内部の壁が徐々に肥厚して、空気の通り道である気道が狭くなってしまうといわれています。

そして、慢性的にということは「ずっとつづく」ということです。
咳などの症状が治まっても炎症は「ずっとつづいて」いるのです。
つまり、喘息の人の気道は、症状がない時でも常に炎症をおこしています。

そしてこの気道の炎症により、健康な人に比べて刺激に反応しやすい状態になると考えられています。 正常な気道なら何ともないホコリやタバコの煙などのわずかな刺激でも反応してしまうのです。

こういった刺激に一旦反応して炎症が強まると気道が収縮し、空気の通り道である気道が狭くなります。 そしてぜいぜい音や呼吸困難を引き起こします。これをぜんそく発作(または急性増悪)と言います。

チェンジ!ぜんそくホームページから引用

日本では、ぜんそくの患者さんは増えており、全体で約500万人と言われています。 45才以上に発症するケースが増加しており、また75才以上の高齢者のぜんそく有病率は10.9%で他の年代より高く、 ある日突然喘息になることもあります。

ぜんそく発作の症状と誘因

CLINIC INFO

診療時間

診療時間

休診日 水曜午後、金曜午後、土曜午後、日曜、祝日

まごのクリニック

まごのクリニック

〒661-0981
尼崎市猪名寺2-15-30
JR宝塚線猪名寺駅から
徒歩5分

06-6491-0567

オンライン初診予約はこちら

アクセスMAP

〒661-0981 尼崎市猪名寺2-15-3 まごのクリニック

まごのクリニック

〒661-0981 尼崎市猪名寺2-15-30

TEL.06-6491-0567

  • JR宝塚線「猪名寺」駅 徒歩約5分
  • 阪急伊丹線「稲野」駅 徒歩約15分
  • 尼崎市バス20系統「猪名寺」 バス停下車 徒歩約2分

詳細マップはこちら

駐車台数 3台

※満車の場合はお手数ですが受付にお声をかけて下さい。

このページの先頭へ